保育補助の仕事内容【プール】

 

準備

朝、出勤した時に廊下の掃除と一緒に、プールの水を張ります。

 

0歳〜2歳のプールは大きめのビニールプールというか、業務用みたいな折りたためるプールなんですね。

 

で、朝夕の臨時保育補助の保育士がいまして、この先生たちがプールは用意しておいてくれます。

 

大きめのビニールシートを園庭の上に敷きまして、その上にプールを置きます。
そこに、私たち日中の保育補助が水を入れます。
だいたい半分ぐらまで入れますね。

 

で、子供たちは「パンツ」で入ります。
水着というものはありません。
パンツです^^;。

 

1歳児の場合は、午前中のおやつが終わったらすぐにトイレをさせて、プール用のパンツに履き替えさせます。

 

前もって子供たち全員分の着替えをバスケットに用意しておいて、それを床にいっぺんに出し、トイレにつく先生、トイレが終わったらパンツをはかせる先生、パンツを履いたらプールまで連れていく先生と、手分けしてやっています。

 

私は、だいたいおやつの片付けをしているので、この作業をすることはあまりありません。
ほとんど、子供たちがプールに入ってから見ている感じですね。

 

どのクラスに入ってもおやつの片付けをするので、子供たちのプールの準備の様子を見てはいますが、手伝ったことはありません。

 

遊び中

プール

私は0歳から2歳までしか受け持たなかったので、その範囲で書かせてもらいます。

 

とにかく一時も目が離せません!

 

水の事故は、水深が深いところだけではありません。
ビニールプールのような浅いところでも起きるんですよ。

 

なので、とにかく受け持ったクラスの子達からは絶対に目を離しませんでした。

 

0歳児

すわってオモチャで水と遊ぶ感じです。
比較的安心して見ていられます。
が・・・。
噛みつく子がいるので、絶対に目を離せません(T-T)。

 

1歳児

お友達と遊びながら入ります。
が・・・。
オモチャでケンカになるので、これまたケガをさせないように目が離せません(T-T)。
オモチャの取りあいの仲裁ばかりしていたような気がします・・・。

 

2歳児

ちょっと不思議な光景なのですが・・・。
2歳児は、プールの水を飲みます^^;。
ちょっと目を離したすきに、オモチャのコップなどに水をすくって飲んでしまいます。
これを阻止するのが大変なんですよ・・・(T-T) 。

 

3歳児から5歳児

私は一度も入らなかったのですが、担当した先生たちは間違いなくいつもびっしょり濡れていました^^;。
必ず着替えが必要なクラスです。
手や、オモチャで水を先生にかけるのが楽しいらしいんですね^^;。
子供の遊びも、年齢が上がると激しくなります。

 

このように、どの年齢も絶対に目が離せません。
水の事故はありませんでしたが、他の意味で大変なので^^;、暑い炎天下の中、気が遠くなりそうになりながら気を張り仕事しました。

 

片付け

片付けですよね、ええ・・・大変ですよ^^;。

プール

 

  1. まず、水を抜きます。
  2. 水抜きからこぼし、だいたい少なくなったら一気にひっくり返して水を抜きます。
  3. 中を、簡単にホースで洗います。
  4. 小さいプールは遊具の上に干します。
  5. 多きめのものも、干せる場所を探し干します。

(すべり台の上とか、ジャングルジムの上とか)

 

プール

さて・・・シートです。

 

シートの上にある砂をホースで流します。
だいたい流したら、外階段の手すりにかけて干します。

 

これが・・・一番大変です!

 

だいたい2人でやるんですが、忙しかったりすると1人でやらなければなりません。

 

まず、まともにたためる大きさではないので、てきとーに持ち、外階段の手すりまで持っていき、だいたいの勘で広げます^^;。
で、大きい洗濯ばさみで止めます。

 

たまに、着替え終わった大きい子達が手伝ってくれたりするのですが、階段ですし危ないので、丁重にお断りします(笑)。

 

1階から2階に上がる階段に、余裕で広げられる大きさと言えば想像がつくでしょうか。
なんでこんなに大きいんですかね・・・。

 

で、午後に乾いたらたたんで外の遊具室にしまいます。

 

これ、本当に疲れるんですよね。

 

週のはじめのうちはやらなかったのですが、終わりのほうはこの仕事が入ってきました。
ルーチンワークになりました(T-T)。

関連ページ

おやつ・給食
私が実際に体験した保育補助の仕事内容を紹介します。
お昼寝(午睡)
私が実際に体験した保育補助の仕事内容を紹介します。
掃除
私が実際に体験した保育補助の仕事内容を紹介します。